利便性と課題

Wi-Fiがあることによって自宅で高速回線の通信を楽しむことができていますが、現代では自宅だけでなく外出先でもWi-Fiによる高速回線が用いられるようになっています。それがいわば、『フリーWi-Fi』とか、『公衆無線LAN』と呼ばれるものです。

今は自治体の動きでそれがさらに活発化されるようになりましたが、駅やデパート、またはカフェなど、多く人が集まる場所にそれらのWi-Fiを設置することによって、誰もが利用できる高速無線LAN設備ができます。海外から来た方も使えるので、とても便利な通信であると言えます。またそれを上手に利用することができれば、スマートフォンにおける使用量の上限を抑えながら、なおかつ高速な通信を用いることができるので、一石二鳥、と言うことができます。どちらにしても、私達はそのWi-Fiを用いることによって、『時短』や『節約』を行うことができるのです。

ただし公衆無線LANはセキュリティが万全でないことがあります。ですから、あまり個人情報を扱うような通信は避けるべきであると言えます。また、Wi-Fiに接続されていなければモバイル回線を使用していることがありますので、自分の保有している端末が、その場所のWi-Fiに接続されているかどうか、という点をチェックすることが大切です。